以前のリビジョンの文書です


2011年10月23日

ちょっとバージョンアップ

bmp(png)からitp変換するを作ろうといろいろやってたらFalcom データアーカイブ 変換ツールのitp変換部分に問題点を何個か発見。
致命的なものじゃないのでさっくり修正。
それとbmp→itp変換の補助を兼ねてpng出力時に256色α値入りpngで出力出来るオプションを追加。

256色png

今までpng変換は他ソフトとのことを考えて画像は全て24bit+α値に変換して出力してました。
png変換実装当初はα付き256色画像は256色のままpngに変換しようとしたけど対応ソフトが見当たらなかったので止めた経緯があります。
読み込めるものはあるんだけどどれも元パレットのα値を保ったまま保存が出来ないのです。
基本的にどのソフトも256色pngの透明色は1色しかも透明か表示かの二択が前提で複数パレットの透明度というのが対応されてません。
複数パレットの透明度はpngの仕様範囲内なんだけどどのソフトもあって読み込みのみの対応なのです。
下手するとそもそも256色α値pngに対応してないのもありますし。
そんな訳で今まであえて256色pngは出力させませんでした。
itpは基本256色なのでbmp(png)から変換するツールを作ってもその変換に使う画像を編集するすべが無いのです。
単色透明or透明度のないものなら問題ないんですけどね。

例えば零の奇跡中文版を256色pngで変換した
data/visual/bu01101.png
これの透明度情報を綺麗に保ったまま256色(8bit)pngで編集保存出来るソフトがあればおkです。
FireFoxにD&Dすればグラフィックソフトがなくても正常な表示はわかります。

~~DISCUSSION~~

blog/2011/1023-1629.1319359608.txt.gz · 最終更新: 2016/02/15 18:26 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0