rep2 機能拡張パック導入

rep2 機能拡張パックをインストールする手順。

rep2exのインストール

必要なもののインストール

$ sudo yum -y install --enablerepo=remi git curl php-curl php-gd php-sqlite3 php-mbstring php-xml

本体をGitHubからcloneする

$ cd ~/www/html
$ sudo git clone git://github.com/rsky/p2-php.git

依存ライブラリをダウンロード

$ cd p2-php
$ sudo git submodule update --init
$ sudo curl -O http://getcomposer.org/composer.phar
現状このままではエラーになるのでcomposer.jsonを修正
$ sudo sed -i -e 's/\(\"pear-pear\)/\1.php.net/g' composer.json
インストール
$ sudo php -d detect_unicode=0 composer.phar install

Webサーバが書き込めるようにディレクトリのアクセス権をセット

$ sudo chown -R apache:apache data rep2/ic

動作環境のチェック

$ php scripts/p2cmd.php check
全部OKなのを確認。

アクセス

とりあえずApacheを再起動

$ sudo service httpd restart
これでアクセスできるか確認 http://xxx.xxx.xxx.xxx/p2-php/rep2

更新

$ sudo php scripts/p2cmd.php update --alldeps

ImageCache2の設定

PHP 5.4ではSQLite2がサポートされなくなったので、MySQLを使用する。

MySQLの設定

rootでログイン

$ sudo mysql -u root -p
パスワードを聞かれるのでインストール時に設定したパスワードを入力しMySQLに入る。

匿名ユーザを削除しておく

delete from mysql.user where user=''; 

データベースを作成

CREATE DATABASE ic2_db;

ic2用ユーザーを作成

GRANT ALL PRIVILEGES ON ic2_db.* TO ic2_user@localhost IDENTIFIED BY 'ic2_user';

rep2の設定

conf/conf_admin_ex.inc.phpでImageCache2を有効にする

$ sudo vi conf/conf_admin_ex.inc.php
$_conf['expack.ic2.enabled'] = 3;
conf/conf_ic2.inc.phpでDSNを設定する
$ sudo vi conf/conf_ic2.inc.php
$_conf['expack.ic2.general.dsn'] = 'mysql://ic2_user:ic2_user@localhost:3306/ic2_db';

setupスクリプトを実行する

$ php scripts/ic2.php setup
エラーが出ないのを確認。

画像処理をImageMagickにする場合

インストール

$ sudo yum -y install ImageMagick

rep2の設定

conf/conf_ic2.inc.phpでImageMagickを使うように設定する

$ sudo vi conf/conf_ic2.inc.php
$_conf['expack.ic2.general.driver'] = "ImageMagick";

linux/centos/rep2.txt · 最終更新: 2016/02/15 18:45 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0